今がチャンス!こんな価格で、この金額で。憧れのメンバーに。 京阪カントリー倶楽部 名阪ロイヤルゴルフクラブ 吉川ロイヤルゴルフクラブ ARITA ジュニアへのゴルフ場解放

コンプライアンス

HOME>コンプライアンス

コンプライアンス行動指針十ヶ条

  1. 私たちは、高い企業倫理と遵法精神を背景に、隠しごとのない、風通しの良い会社経営を維持し、社会からの信頼を強固なものにしていきます。
  2. 私たちは、関係法令並びにこの行動指針等の社内規定を遵守し、健全、誠実、公正を旨として社会的良識に従って行動いたします。
  3. 私たちは、「地域に愛される企業」の一員として、地域の文化や習慣を尊重し、行事等への参加によりコミュニケーションを図り、地域の発展に寄与いたします。
  4. 私たちは、反社会的勢力・団体に対しては、一切の関係を遮断し、会社を挙げて毅然とした態度で臨みます。
  5. 私たちは、お客さまに対しては常に健全で誠実かつ感謝の念をもって接し、お客さまの声を聞き、お客さまの満足度・期待度を反映した商品やサービスの提供に努めます。
  6. 私たちは、すべての取引先に対し、優越的地位を利用した不当な排除行為、差別的取り扱い、事業活動の拘束等の不誠実な行為は行いません。
  7. 私たちは、取引先に対する職務上の権限や優越的立場を利用して、個人的な利益や便宜の供与を受ける等社会的な良識に反する行為は行いません。
  8. 私たちは、事業の安定的発展のために、安全で働きやすく、かつ、心身ともに健全な職場づくりに努めます。
  9. 私たちは、共に働く仲間としてお互いの人格・人権を尊重し、性別、年齢、出身地、国籍、人種、民族、信条、宗教、疾病、障害等による差別は行いません。
  10. 私たちは、お客さま及びお取引先の情報はもとより、全ての情報資産を厳格に管理・保護し、情報セキュリティーにおける管理体制の充実に努めます。

以上

コンプライアンス行動規範

コンプライアンス行動規範について

コンプライアンス行動規範(以下「行動規範」)は、当社の役員から従業員(社員から嘱託・パート・アルバイト・派遣社員まで)を通して、お客さま、お取引先、地域社会といった全てのステークホルダー※1に対する基本姿勢と日常業務におけるルール等を定めたものです。 私たちは、高い企業倫理と遵法精神を背景に、隠しごとのない、風通しの良い会社を目指すことにより、社会からの信頼を向上させられるものと信じております。

この「行動規範」はそれを実現するために、役員や従業員がいかに行動すべきかの基本的なルールを明文化したものになります。役員や従業員が行動規範を精読し、各項目を遵守・実践することで、ステークホルダーからの信頼を獲得できるものと考えております。

※1 ステークホルダーとは、お客さま、お取引先、地域社会、一般社会、行政当局、業界そして役員・従業員といった利害関係者

第1章 総則

1.制定の趣旨
(1)この規範は、私たちが健全かつ倫理的に行動し、当社の企業活動に対する社会の信頼を維持・向上するために遵守すべき基本的な事項を定めたものです。
(2)この規範は、取締役会の承認により、当社の役員・従業員に適用されるものといたします。

2.基本的な姿勢
私たちは、社会とのかかわりを常に意識し、経営の誠実さと透明性の確保、地域社会とのコミュニケーションの促進や環境への配慮によって、広く社会に貢献することが企業の持続的成長の必須条件であるとの認識のもとに、企業活動全般にわたって、関係法令並びにこの行動規範、社内規定等を遵守し、健全、誠実、公正を旨として社会的良識に従って行動いたします。

3.遵守の責任
(1)私たちは、この規範に定める事項を誠実に実行いたします。
(2)役員にあっては担当部門のすべての従業員が、また管理する立場にある従業員はその管理下の従業員が、この規範に定める事項を遵守するよう指導、監督いたします。
(3)関係各部門においては、この規範に則った企業行動の実践を確実なものとするために、遵守事項の周知徹底、細則の制定、助言、指導その他必要な活動をいたします。
(4)私たちは、この規範に違反する行為を行った場合、関係法令や従業員就業規則等の定めるところにより、懲戒処分等の対象となり得ることを認識いたします。

第2章 会社と社会の関係

1.地域社会とのコミュニケーション
私たちは、「地域に愛される企業」の一員として、地域の文化や習慣を尊重し、行事等への参加によりコミュニケーションを図り、地域の発展に寄与いたします。
2.反社会的行為への関与の禁止
私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対しては「金を出さない」「利用しない」「恐れない」を基本原則に、一切の関係を遮断し、会社を挙げて毅然とした態度で臨みます。

第3章 会社とお客さまとの関係
1.安全で信頼性の高い商品やサービスの提供
私たちは、CS※1向上方針として「すべてはお客さまのために」を基本に掲げ、お客さまに対しては常に誠実かつ感謝の念をもって接し、お客さまの声を聞き、お客さまの満足度・期待度を反映した商品やサービスの提供に努めます。
 ※1 CSとは、Customer Satisfactionの略で、顧客満足及び顧客満足度のことを言います。
2.お客さま情報の適切な管理
私たちは、お客さまに関する情報を、個人情報保護法等関係法令や社内規定に則って最重要機密情報として取り扱い、お客さま情報の機密保持に全力を尽くします。

第4章 会社と取引先との関係

1.公正な取引
(1)私たちは、すべての資材調達先や販売代理店等の取引先を大切なビジネス・パートナーとして尊重し、優越的地位を利用した不当な排除行為、差別的取り扱い、事業活動の拘束等の不誠実な行為は行いません。
(2)私たちは、業界の商習慣や諸制度に対しては、社会の良識や関係法令に照らして、対等で公正かつ透明な国際的にも通用する対応を行います。
2.接待と贈答
(1)私たちは、お客さまや取引先との接待、食事、歳暮や中元などの贈答品の授受に関しては、健全な商慣習や社会的良識に反しない行動をします。
(2)私たちは、取引先に対する職務上の権限や優越的立場を利用して、個人的な利益や便宜の供与を受ける等社会的な良識に反する行為は行いません。

第5章 会社と従業員との関係

1.経営資産の適正管理
(1)私たちは、お互いの人格、個性を尊重し、主体性と創造性を最大限に発揮できる企業風土を形成することにより、新たなる価値の創出に努めます。
(2)私たちは、事業の安定的発展のために、安全で働きやすく、かつ、心身ともに健全な職場づくりに努めます。
2.差別の禁止
私たちは、共に働く仲間としてお互いの人格・人権を尊重し、性別、年齢、出身地、国籍、人種、民族、信条、宗教、疾病、障害等による差別や嫌がらせは行いません。

第6章 秘密情報の取り扱い

1.秘密情報の保護
(1)私たちは、当社はもとより、お客さま、取引先、競争会社等の公式、非公式なすべての秘密情報の財産的価値を十分認識することで、自己のため、また他の企業、他国政府などの利益のために、それらの情報に不正にアクセスし、入手し、利用し、開示し、横流しし、漏洩することを、在職中はもちろん退職後も行いません。
(2)私たちは、お客さま情報、お取引先情報、社員情報等の個人情報の取り扱いに際しては、個人情報保護法等関係法令や社内規定を厳格に遵守し、その管理体制の充実に努めます。

第7章 運用について

1.運用体制
(1)私たちは、この規範をいつでも閲覧し確認できる方法で公表いたします。
(2)この規範の制定および改廃は、コンプライアンス委員会の審議を経て、取締役会が決定するものとします。
(3)この規範の主管部門は総務部とし、この規範に規定する事項を関係各部門と協力して実施いたします。
(4)私たちは、この規範に違反もしくは違反する恐れのある行為が行われたり、行われる恐れがあることを知った場合は、上司もしくは内部通報窓口へ相談・通報いたします。
この場合、内部通報規定により、相談・通報者が相談・通報した事実によって不利益を受けることは一切ありません。
(5)この規範の遵守状況については、コンプライアンス委員会が監査を行います。
2.施行日
この規範は、平成20年 6月 5日より施行する。